Home > スポンサー広告 > 音響外傷性難聴

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments:-

MASAHIRORIN URL 2010-09-13 (Mon) 00:57edit

完治おめでとう。
話聞いた時はすぐ治るんじゃまいかー?とか思ってたけど、
改めて詳細知るとかなり恐ろしい症状じゃまいか・・・。


Me発症しなくて良かったぜ(診療代な意味で。

しいなしあん URL 2010-09-13 (Mon) 23:33edit

ありがと!
今回は運が良かったようだ・・・。

ちなみにこれよりも恐ろしいのが「騒音性難聴」、いわゆるヘッドフォン難聴で、
長期間にわたって比較的大きい音を聞き続けることで徐々に聴覚神経が死滅して
音が聞こえなくなってくるらしい。
普段会話で使わないような4kHz付近から発症するから、気付いたときには手遅れってこともあって、
俺なんかちょうど4kHzが落ちてたから焦った-。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:-

TrackBack URL for this entry
http://rokop.blog76.fc2.com/tb.php/192-65c9594e
Listed below are links to weblogs that reference
スポンサーサイト from K.O.P.

Home > スポンサー広告 > 音響外傷性難聴

Home > Diary > 音響外傷性難聴

音響外傷性難聴

こんばんは。
研修より帰ってきました。
いやーホントに暇でした(夜が)。

さて、タイトルの件ですが。
先日、ちょっとライブに行きまして、そりゃあもうレベルで言えば
100dBなんて余裕で超えてるような音がしている空間に2時間ほどいたんです。
そうしましたら途中から、音が音じゃなく聞こえてきたと言いますか、
というか段々音が聞こえなくなってきたんですね。

その日家に入った瞬間、違和感に襲われました。
夜だというのに耳元で蝉が鳴いている・・・。
暑いからエアコンをつけようと、ピッとリモコンを押したら、その音が妙に高い。
更に、無声音でサ行を喋ると、「シ」と「ス」の違いが聞き取れない。
というかそもそも自分の声が遠い。
酷かったのは、マビのキャラ選択画面のピピピっていう効果音が全く聞こえない。
とにかく、常に耳元で蝉が鳴いているので五月蠅くて眠れない。

すぐに治るかなぁと思っていたけど、既にライブから4時間くらい経ってる。
ネットで調べてみると、何やら恐ろしいことが書かれていました。

音響性外傷

要約すると、ライブやコンサートなどで非常に大きい音に長時間晒された場合起こり、
耳が詰まったような感じや耳鳴り、目眩を引き起こす。
1~2日で自然治癒することもあるが、蝸牛の有毛細胞の破壊が酷い場合、
その細胞は新陳代謝しないために、一生耳鳴りなどの障害が残ることもある。
症状が発生した場合は即座に耳鼻科を受診すること、らしい。
時間が経つと完治が難しく、少なくとも1週間以内が
完治するかどうかの分かれ目になるそう。

こんな耳鳴りが一生続くなんて考えただけでも発狂しそうだったので、
休日診療の医者を急いで捜して翌日受診しまして、
すると見事に聴力検査の結果がよろしくなく、4kHz付近がガクッと落ちていました。
先生からはステロイド剤を処方され、
「常に耳栓をつけているように」と言われ、
一生治らないかも知れないという恐怖に震えながら家路につきました。

で、今日は一週間ぶりに聴力検査をしに病院に行ってきたんですけど、
見事に正常値に戻っていました。
すぐに医者に行ったこと、ダメージが比較的軽かったことが幸いでした。
ただ、僕は多分耳が強くなくて、そういうの(ライブとか)は向いてないと言われました。
今回治ったからといって、次回同じ事が起きたらまた治るか、と言ったら
治らないかも知れないとのことで、今回は運が良かったと思います。

これって誰でもなる可能性があって、その日の体調とかにもよるみたいです。
今まで大丈夫だったのに、突然なったりすることもあるとか。
危険因子は飲酒、ストレス、疲労とのこと。
・・・なるほど、まさしくピッタリだったわけです。

今回の教訓は、疲れているときや酒を飲みながら大音量で音楽を聴くことは
大変危険であるということ。
また、ライブに行くときは耳栓を持って行った方がいいということ。
今回の件で知ったのですが、
ライブハウス内で音響調整してるスタッフなんかは耳栓してるそうです。
なんで平気なのかと思ったら、そういうことか。
教えてくれよ・・・。

女性ボーカルは篭もって聞こえるし、特定の音域は聞こえなくなるし。
音楽のせいで、好きな音楽が聞けなくなっちゃうのは悲しいですよね。
もしこれからライブなどに行って、その後僕のような症状が現れた方がいたら、
即座に耳鼻科を受診することをお勧めします。
それ以前に予防が大事ですけどね。

Comments:2

MASAHIRORIN URL 2010-09-13 (Mon) 00:57edit

完治おめでとう。
話聞いた時はすぐ治るんじゃまいかー?とか思ってたけど、
改めて詳細知るとかなり恐ろしい症状じゃまいか・・・。


Me発症しなくて良かったぜ(診療代な意味で。

しいなしあん URL 2010-09-13 (Mon) 23:33edit

ありがと!
今回は運が良かったようだ・・・。

ちなみにこれよりも恐ろしいのが「騒音性難聴」、いわゆるヘッドフォン難聴で、
長期間にわたって比較的大きい音を聞き続けることで徐々に聴覚神経が死滅して
音が聞こえなくなってくるらしい。
普段会話で使わないような4kHz付近から発症するから、気付いたときには手遅れってこともあって、
俺なんかちょうど4kHzが落ちてたから焦った-。

Comment Form
サイト管理者にのみ通知する

Trackback+Pingback:0

TrackBack URL for this entry
http://rokop.blog76.fc2.com/tb.php/192-65c9594e
Listed below are links to weblogs that reference
音響外傷性難聴 from K.O.P.

Home > Diary > 音響外傷性難聴

Tag Cloud
参加中
Monthly Archives
10  09  08  07  05  04  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Bookmark

Page Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。